資格関連

サポート体制

実習サポート

ポイント 専任教員による実習訪問

学生は実習が始まるとさまざまな壁にぶつかります。 本学院では少人数制ならではのきめ細かいサポートを実施しております。専任教員が実習指導者と密に連絡を取り合い、実習施設を巡回し、実習中の学生に具体的なアドバイスをするなどしてサポートします。

主な実習先

本校では、首都圏を中心に、多くの実習先を用意しています。

【東京】
  • ■河北リハビリテーション病院
  • ■救世軍ブース記念病院
  • ■九段坂病院
  • ■国立精神・神経医療研究センター
  • ■国立病院機構 東京病院
  • ■国立病院機構 村山医療センター
  • ■桜町病院
  • ■杉並リハビリテーション病院
  • ■聖路加国際病院
  • ■JCHO東京新宿メディカルセンター
  • ■東京大学医学部附属病院
  • ■東京都リハビリテーション病院
  • ■東京白十字病院
  • ■徳丸リハビリテーション病院
  • ■日本医科大学多摩永山病院
  • ■初台リハビリテーション病院
  • ■NTT東日本関東病院
【神奈川】
  • ■東海大学医学部付属大磯病院
  • ■虎の門病院 分院
  • ■横浜市スポーツ医科学センター
  • ■横浜新都市脳神経外科病院
【埼玉】
  • ■小川赤十字病院
  • ■介護老人保健施設 草加ロイヤルケアセンター
  • ■秋葉病院
  • ■川口誠和病院
【千葉】
  • ■市川東病院
  • ■おゆみの整形外科クリニック
  • ■君津中央病院
  • ■総合医療センター 成田病院
  • ■永松整形外科
  • ■日本医科大学千葉北総病院
  • ■船橋整形外科病院
  • ■松戸整形外科病院
  • ■東京ベイ・浦安市川医療センター
  • ■東邦大学医療センター佐倉病院
【栃木・茨城】
  • ■筑波記念病院
  • ■普門院診療所

国家試験サポート

就職のパスポートとなる国家資格取得のため、徹底した国家試験対策を実施。
それぞれの学生にとっていちばん良い学習環境を作り、全員の国家試験合格を目指します。
万が一在学中に合格できなかった場合も、合格するまでしっかりとサポートしていきます。

弱点を分析・克服する模擬試験

弱点を分析・克服する模擬試験
複数回行う学内模試
マークシートを使用した解答用紙を導入し、1年次から本番の国家試験を想定した模試を行っています。模試を実施することにより、現在の学修の進行状況を知り、その後の対策に活かしています。

苦手な部分を徹底的に学修

苦手な部分を徹底的に学修
補習授業
苦手分野が伸び悩んでいる学生に対して、それぞれの学生に合わせた補習授業を実施し国家試験勉強が遅れないようサポートをしていきます。

自主性を大切にした試験勉強

自主性を大切にした試験勉強
グループ学習
グループの中でお互いに教え合いながら知識を深めていけるよう、積極的にグループ学習を取り入れています。教員はいつでもサポートできる体制をとっています。

本番に強くなるための特別授業

本番に強くなるための特別授業
国家試験対策特別授業
さまざまな分野が出題される国家試験に対応するため、それぞれの分野で特に多くの専門知識を持つ教員が重要ポイントを徹底指導していきます。

国家試験合格率(2020年度)

  • 昼間部 86.4%
  • 夜間部 81.0%
  • 全国平均 79.0%
  • 昼間部 86.4%
  • 夜間部 81.0%
  • 全国平均 79.0%

リハビリを学ぶなら東京にある理学療法士の専門学校へ

学校法人 常陽学園 厚生労働大臣指定 専門学校 東京医療学院

〒104-0033 東京都中央区新川1-10-18
Tel:03-3552-8511(代表)