メニュー

就職

就職情報

伝統が培う豊富な求人数

東京医療学院では教職員が一丸となって就職セミナーや個別指導を行って 就職活動をサポートしており、毎年たくさんの学生が関東圏を中心に全国各地の病院施設、介護老人施設などに就職しています。

  • 合計2,360人
  • 2017年度就職希望者就職率100%

主な就職実績(卒業時)

【東京】
  • ■板橋区医師会病院
  • ■東京女子医科大学病院
  • ■救世軍ブース記念病院
  • ■国立病院機構 東京病院
  • ■国立病院機構 村山医療センター
  • ■JCHO東京新宿メディカルセンター
  • ■順天堂大学医学部附属練馬病院
  • ■聖路加国際病院
  • ■世田谷記念病院
  • ■東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
  • ■東京大学医学部附属病院
  • ■東京都リハビリテーション病院
  • ■初台リハビリテーション病院
【神奈川】
  • ■麻生リハビリ総合病院
  • ■国立病院機構 横浜医療センター
  • ■新戸塚病院
  • ■聖マリアンナ医科大学病院
  • ■東海大学医学部付属大磯病院
  • ■みどり野リハビリテーション病院
  • ■横浜市スポーツ医科学センター
  • ■横浜新都市脳神経外科病院
【埼玉】
  • ■熊谷総合病院
  • ■国立病院機構 西埼玉中央病院
  • ■国立病院機構 東埼玉病院
  • ■埼玉医科大学病院
  • ■埼玉みさと総合リハビリテーション病院
【千葉】
  • ■東京ベイ・浦安市川医療センター
  • ■国立病院機構 下志津病院
  • ■千葉県千葉リハビリテーションセンター
  • ■千葉脳神経外科病院
  • ■東邦大学医療センター佐倉病院
  • ■日本医科大学千葉北総病院
  • ■船橋整形外科病院
  • ■松戸整形外科病院
【栃木・茨城】
  • ■国立病院機構 宇都宮病院
  • ■国立病院機構 栃木医療センター
  • ■国立病院機構 水戸医療センター
  • ■筑波記念病院
【その他府県】
  • ■国立病院機構 西群馬病院[群馬]
  • ■相澤病院[長野]
  • ■国立病院機構 まつもと医療センター 松本病院[長野]
  • ■南国中央病院[高知] ほか
 

就職サポート

在学生はもちろん、卒業生に対しても強力なバックアップを実施。卒業生なら誰でも進学および就職指導を受けることが可能です。
これにより、これまでも多くの卒業生たちが就職・キャリアアップを成功させてきました。

在学中 就職をしっかりサポート

就職支援・セミナー

早期のうちから、就職を
視野に入れた指導

各学生が希望通りの就職ができるようセミナーを行い、実習終了後すぐに就職活動をスタートできるようにサポートします。

個別指導

一人ひとりに合わせた
就職指導を実施

学生一人ひとりの個性を見極め、それぞれに合わせた就職指導をしています。履歴書の添削や、模擬面接の実施などを行う他、就職活動における悩みや相談にも素早く対応します。

キャリアカウンセリング

就活や進路の相談に!

在学中は少人数制を生かして担任が学生の現況を把握し、就職活動の悩みや不安を抱える学生には個別面談を実施。学生の希望が叶うよう丁寧にサポートします。

卒業後 さらなるスキルアップをサポート

卒業後 無料サポート

国家試験に合格するまで
徹底サポート!

万が一、在学中に国家試験に合格できなかった場合でも、合格するまで徹底サポート。在校生と一緒に国家試験対策プログラムに参加できるのはもちろん、必要に応じて個別指導も行います。

キャリアサポート

卒業後の就職や
進路の相談に!

一旦就職した後も、別の職場に 毎月、勉強会を開催!ステップアップしたいなど、転職や進学・進路について、元担任や教員に相談できるキャリアサポート体制があります。

同窓会

毎月、勉強会を開催!

卒業後のさらなるスキルアップおよびブラッシュアップを希望する人のために勉強会を実施。卒業生なら、誰でも自由に参加できます。また、図書室を利用して勉強や調べものをすることができます。※在学中も参加できます。

卒業生メッセージ

髙瀬 桃子さん

髙瀬 桃子 さん

仲間たちとのつながりが、自分を成長させる。

高校生の時に、祖母のリハビリに付き添ったり、私自身も腰のリハビリを受けたことが、理学療法士を目指すきっかけでした。この学校は国家試験合格率、就職率ともに高く、学費が比較的安いため入学を決めましたが、少人数制クラスでみんな仲が良く、先生が学生一人ひとりに親身になって指導してくださることも大きな魅力です。地方の病院での実習時には、先生が各学生の実習先に出向き、心細かった私たちの精神的なサポートもしてくれました。卒業まで同じクラスで学んできた仲間たちとは、今でも情報交換や勉強会をしたり、スノボ旅行に行ったりする仲の良さです。同じ目標を持つ仲間たちは心の支えです。この仕事は大変ですが、非常に奥の深い、今の社会に必要な仕事です。これから目指すみなさんは、ぜひ、人に必要とされるステキな理学療法士になってください。

米満 亜友美さん

米満 亜友美 さん

まずは始めてみることが成功への一歩です。

私は高校卒業後、すぐに就職したのですが、「資格をとってもうひと頑張りしてみよう! 」と、夜間部への入学を決めました。22歳での入学、仕事との両立は大変かと思いましたが、年齢はまったく関係なく、同じ境遇の人がたくさんいるので、毎日学校へ行くことが楽しみになりました。国家試験勉強も互いに教え合い、支え合って合格できたのだと思います。理学療法士はコミュニケーション力が大切な職業です。運動機能回復のサポートだけでなく、落ち込んでいる患者さんを元気づけ、一人ひとりと向き合って考える。甘くない仕事だと先生から何度も言われました。仕事に就いた今、実感すると同時に、学校で学んだことをしっかり活かしたいと思っています。私は「やらないよりやって後悔」の精神で理学療法士を目指しました。始めたらやるしかない!! まず、始めてみましょう。