メニュー

学費関連

理学療法学科
  理学療法学科 <昼間部>
初年度 各年度
入学時 後期 初年度計 2年次~3年次
   500,000   500,000  
   500,000 500,000 1,000,000 1,000,000
施設管理費 75,000 75,000 150,000 150,000
   75,000 75,000 150,000 150,000
    1,150,000 650,000 1,800,000 1,300,000
理学療法学科
  理学療法学科 <夜間部>
初年度 各年度
入学時 後期 初年度計 2年次~4年次
   500,000   500,000  
   450,000 450,000 900,000 900,000
施設管理費 75,000 75,000 150,000 150,000
         150,000
    1,025,000 525,000 1,550,000 1,200,000

※入学金は初年度のみです。
夜間部の実習費は2年次以降納入となります。
授業料・施設管理費・実習費は卒業まで変更ありません。

学費の納入について

  • 授業料、施設管理費、実習費は前期、後期に分納してください。
  • 実習費の内訳は評価実習、臨床実習、学内の実験・実習に伴う費用及び維持費となります。
  • 入学後に、学費以外にテキスト代、学生傷害・損害賠償保険料、実習白衣、靴、その他の授業用教材費用(概算:70,000円~90,000円)が別途必要となります。購入時期・購入方法は入学手続き後にお知らせします。

入学辞退による授業料等の返還について

1)本学院に入学するために授業料等を納入した後、3月末までに入学辞退を申し出た場合は、
本学院所定の返還手続きにより、納入金額から入学金(50万円)を除いた授業料等を返還します。
なお、提出された出願書類(願書等)は返還いたしません。

2)手続き方法

  • 入学辞退が確定次第、速やかに本学院へ連絡してください。
  • 本学院より「入学辞退届」を郵送しますので、必要事項を記入して入試事務局まで提出してください。
  • 届出内容を確認後、指定の銀行口座に振り込みをします。

奨学金等

本学院では専門スタッフによる申込相談窓口を設けています。

奨学金

独立行政法人 日本学生支援機構奨学金

第一種奨学金(無利子)
貸与月額 自宅通学者:30,000円もしくは、53,000円
自宅外通学者:30,000円もしくは、60,000円
貸与期間 昼間部:3年以内  夜間部:4年以内
第二種奨学金(有利子 上限3%)
貸与月額 3・5・8・10・12万円から選択できます。
貸与期間 昼間部:3年以内  夜間部:4年以内

日本学生支援機構のホームページへ

東京都育英資金奨学金(無利子)

東京都民を対象とした東京都の奨学金があります。

東京都私学財団のホームページへ

その他道府県奨学金

卒業後、理学療法士として当該道府県内に勤務しようとされる方を対象とした地方自治体の奨学金制度があります。

教育ローン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫から国の教育ローンの取り扱いができます。

日本政策金融公庫のホームページへ

提携教育ローン

・みずほ銀行「教育ローン」

みずほ銀行のホームページへ

・オリコ「学費サポートプラン」

オリコのホームページへ

本学院の入学金、授業料に対して取扱いができます。
まずは本学院事務局までお問い合わせください。

本学院独自の支援制度

褒賞制度

各学科の品行、学業ともに他の模範となる成績優秀者に褒賞金を支給します。

その他支援制度

既修得単位認定制度

入学時にすでに大学等を卒業・中途退学している場合には、科目によって既修得単位として認定され、当該科目の履修が免除されます。認定対象となる科目の種類、科目数及び認定方法は入学時にお知らせします。

勤労学生控除

本学院の学生は、所得税法施行令第11条の3の2項にかかげる事項に該当し、勤労学生控除を受けることができます。

通学定期・学割

通学定期・旅客割引が適用されます。

学生生活シミュレーション

日本学生支援機構奨学金 本校には、奨学金専門スタッフがおります。お気軽にご相談ください。

活用事例1

理学療法学科 昼間部2年 Aさん (昼間部・実家通い・第一種奨学金月額5.3万円)

昼間部に通っています。まだ2年次になったばかりなのでアルバイトにも力を入れつつも、実習がまだ始まらない今の時期に基礎を固めておくために、日々復習に励んでいます。家庭からの援助・奨学金・アルバイトの収入をバランスよく取り入れて学生生活を送っています。

収入
項目 年間(\) 月間(\)
家庭援助 420,000 35,000
奨学金 636,000 53,000
アルバイト 660,000 55,000
1,716,000 143,000
支出
項目 年間(\) 月間(\)
学費 1,300,000 108,000
修学費
(参考書等)
120,000 10,000
その他
(交際費・通信費等)
240,000 20,000
1,660,000 138,000

活用事例2

理学療法学科 夜間部3年 Bさん(夜間部・一人暮らし・第二種奨学金月額12万円)

昼間アルバイトをしながら夜間部に通っています。3年次となり、授業内容も基礎的なことから応用的なことへと範囲が広がったため、勉強により専念するためにアルバイトの時間を減らさざるを得ませんでしたが、奨学金を借りているおかげで、安心して勉強を続けていくことができています。

収入
項目 年間(\) 月間(\)
家庭援助 300,000 25,000
奨学金 1,440,000 120,000
アルバイト 1,080,000 90,000
2,820,000 235,000
支出
項目 年間(\) 月間(\)
学費 1,200,000 100,000
家賃 720,000 60,000
食費・光熱水費 480,000 40,000
修学費
(参考書等)
120,000 10,000
その他
(交際費・通信費等)
240,000 20,000
2,760,000 230,000
ページ最上部へ戻る